女性

故障時に素早く対応する

システムを導入しているハードディスクなどが故障した際に、法人や個人で対応が限界に達した時に頼りになるのがデータ復旧業者です。素早く専門知識を活用しながら復旧するだけでなく、複雑なデータも回復させることができます。
ハードディスク

どうやって蘇らせるのか

データ復旧をしてくれる専門業者を知っておくと、いざという時に役立ちます。ただし、信頼できる業者を探しましょう。実績や評判を重視するだけではなく、迅速かつ安価なところを選ぶことをおすすめします。業者の情報を収集しましょう。
ミニチュア

2通りに分かれる

HDDのデータ復旧の種類は、データそのものが破損してしまっている論理障害と、HDDがデータにアクセスする仕組みが壊れる物理障害の2通りに分かれます。いずれもしっかりした設備や、高い技術力を持った専門家に任せた方が良いでしょう。
PC操作

どうやって選ぶか

データ復旧はとてもセンシティブサービスで、信頼して任せられる会社を選ぶことがとても大切です。他にも、復旧率や予算、スピードなどを検討し、口コミ評判なども参考にして選ぶとより良い会社を選ぶことができるでしょう。
パソコン修理

大切なことがある

データ復旧サービスは突然のハプニングで大切なデータを失ってしまった場合に利用されています。データ復旧サービスを利用する場合には、少しでも回復率を高くするためにも、自身であれこれと試さないことも大切です。

業者選びに関する豆知識

ハードディスク

2種類の業者の特徴

パソコンにトラブルが発生したとき、データ復旧を専門としている業者とパソコン修理業者のどちらに依頼すべきか悩んでしまう人も多いでしょう。しかしこの2種類の業者は、提供しているサービスの方向性が違うため、依頼者側の目的によってどちらを選ぶべきかが変わってきます。まずデータ復旧業者とは、何らかのトラブルによってハードディスクなどの記憶媒体からデータを取り出せなくなったときに、それを復旧することをメインにしている業者になります。一方のパソコン修理業者とは、パソコンにトラブルが発生した場合に、それを修理して正常に動作ができるようにすることが主な目的になっていると言えるでしょう。さらに言えば、復旧業者はデータの復旧は可能でも、パソコンの動作までは保証されませんし、修理業者はパソコンの修理はできても、データを救い出すことはできない場合があるという違いがあります。そして、データ復旧が可能な範囲について言うと、復旧業者は軽い論理障害から重い物理障害までのあらゆる障害に対応していますが、修理業者は論理障害までしか対応できない場合が多いと言えます。そのため、データ復旧を優先する場合は復旧業者で、パソコンを正常に動作させることを優先する場合は修理業者を選ぶとよいでしょう。また、パソコン修理業者の中にはデータ復旧も本格的におこなっているところもあるので、データの救い出しとパソコン修理の両方をしてもらいたい場合は、そうした業者に依頼するとよいと言えます。