2通りに分かれる

ミニチュア

それぞれ対処法が異なる

データを保存するためのHDDは基本的に消耗品で、長い間使い続けていくと、やがて何らかのトラブルを生じさせるものです。そしてもしバックアップを取っていなければ、データ復旧が必要になります。そのデータ復旧は、HDDにどのような異常が発生しているかによって、2つの種類に分かれます。ひとつは論理障害と呼ばれるもので、HDDの記録を司っている媒体やデータそのものに異常が発生している状態です。ウイルスや外部からの攻撃によって引き起こされる他、操作を誤るなどのヒューマンエラーが原因になることもあります。いずれの場合でもデータそのものを復旧させる必要があるため、別のコンピューターを用いて破損している部分を補ったり、復旧用ソフトを使用したりします。論理障害の場合はデータが保存できている部分まではアクセスすることができるため、専門家でなくても解決できる可能性がないとは言い切れません。しかし技術力や使用するソフトの質などを考えると、専門家に任せた方が復旧の成功率は高いでしょう。そんな論理障害とは異なり、HDDが物理的な障害を起こしている場合は、素人ではどうすることもできません。HDDはデータが保存されている部分までアームを伸ばして読み取るという仕組みをしていますが、そのアームを始めとした読み取る機構が壊れている状態です。つまりデータにアクセスできないどころか、HDDを起動させることさえできないこともあります。そんな物理障害からデータを復旧させるためには、分解作業が欠かせません。したがってホコリなどが舞ってないなどHDDを分解しても問題ない環境があり、なおかつ内部を安全に取り扱える専門家に任せることが最も無難な選択肢です。